ニキビ跡の種類と対処法

せっかくニキビが治まっても、ニキビ跡に悩まされることは多いものです。

そのまま放置しても徐々に消えていくものもあれば、跡がずっと残ってしまう場合もあります。ここではニキビ跡の種類と原因、対処法について解説していきたいと思います。<赤みタイプ>傷ついてしまった肌を治そうと毛細血管が集中的に患部に増え、その部分が赤くなってみえるタイプです。

ニキビ跡の中でも最も多いものですが症状は軽く、ターンオーバーを繰り返すことで改善されることがほとんどです。肌のターンオーバーを促すビタミン類やミネラル、タンパク質を積極的に摂り、保湿をしっかりして肌の調子を整えましょう。<メラニンタイプ>シミと同様、メラニンの生成が原因です。

患部に過剰に分泌されたメラニンがそのまま肌に残ってしまうと、茶色い跡が残ってしまいます。紫外線対策をしっかりとり、美白化粧品を使用したりビタミンCやビタミンEなど美白に良いとされる食べ物を摂りましょう。サプリメントやビタミン剤で補うのもおすすめです。<クレータータイプ>肌の角質層の下にある真皮がダメージを受けるとクレーター(凸凹)のような跡が出来ます。

ニキビをつぶしてしまうこともこの原因となり、一度傷ついてしまった真皮は再生されません。症状が軽い場合は専用の基礎化粧品を使っていくことで徐々に改善することもありますが、症状が重い場合は美容皮膚科でレーザー治療や光治療を受けることをおすすめします。自分はどんなタイプの跡が残っているのかを確認し、その症状に見合った対策をとって綺麗な素肌を目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *