ニキビはストレスが溜まると発生しやすい

ニキビと非常に関連性の不快症状にストレスがあります。

ストレスが溜まるとニキビが発生しやすくなる理由は、肌のバランスが崩れて防御機能が低下してしまうからです。肌は紫外線のダメージをそのまま吸収するわけではありません。紫外線その他の外的ダメージを抗酸化力により抑えて、肌を健康な状態に保っているのです。

その防御機能が悪化してしまうと、ニキビが増えてしまうのです。ホルモンバランスが乱れたり、自律神経に異常をきたしたりすると、肌は些細なダメージにも反応するようになります。ストレスが溜まった状態が続くと、お肌はテカテカとしてきます。

皮脂が過剰に分泌されている状態であり、毛穴に皮脂が溜まって固まってしまうのです。皮脂分泌が増えてきたら、洗顔の方法を見直す必要があります。今までと同じ方法で洗顔をしていても、洗浄力が足りずに皮脂を除去できなくなります。皮脂が少しずつ溜まると、やがて毛穴を詰まらせてしまいます。

最初は液体でサラサラした皮脂も、固まるとワックスのように硬くなるのです。この皮脂がニキビの原因となるため、なによりも皮脂の除去が大切となります。アクネ菌が増えすぎると炎症や吹き出物などが発生します。

ストレス由来のニキビを改善するには、ストレスを取り除く以外に方法はありません。些細なことは気にしない図太さを持つこともストレスを溜めないために大切なのです。神経質な方ほど肌バランスを崩しやすいので、多少のミスは気にしない柔軟性が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *