ニキビの発症する原因とその治療法とは

いくつになってもニキビは厄介なものです。

中学生、高校生の頃は主に身体のホルモンバランスが急激に変化することによって起こる思春期ニキビが中心でした。次第に皮脂や汗の分泌が盛んになり、これが毛穴を詰まらせてアクネ菌を培養して炎症へと繋がってしまうのです。これが成人を迎えるとその原因が変化していきます。

これまではホルモンバランスの変化によるものだったのが、仕事や人間関係などの精神的ストレスや脂っこいものばかりの食生活、睡眠不足、メークの洗い残し、タバコやアルコールの過剰摂取、冷房や暖房に一日中当たり続けるような空調、洗顔後の肌の乾燥など実に様々なものが複雑に絡まり合ってニキビを作り出すことになります。

そのため、メンズのニキビの跡の治療としてはまず一日二回の丁寧な洗顔とその後の保湿を徹底させることが重要です。この時にあまり強力な洗顔料は用いず、泡立ちが良く肌への刺激の弱いものを選んで泡の部分をバウンドさせながら洗顔していくことに心掛けなければなりません。そして洗顔後にそのまま放置しておくと一気に乾燥が進んでしまうもの。

保湿剤や乳液などを用いてサッと皮膚を馴染ませてから就寝を迎えるよう心掛けなければなりません。さらに、生活習慣の中でニキビを作り出す原因となりそうなものをひとつずつ排除していくことも大切です。

その上で症状に変化が見られなければ皮膚科や美容外科などで炎症の中身を取り除く施術を受けたり、ピーリングやレーザー、あるいは飲み薬や塗り薬などの処方によって治していく選択肢もあるので、医師の力を借りながら地道に進めていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *